南知多ゲストハウス『ほどほど』の程々な日々

2019/03/19

ほどほど通信2019 2月を振り返っちゃう号(後半)

ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

「ほどほど」の2019年2月(後半)を振り返ってみましょう~

2月16日()に東京駅日本橋口にあるTRAVEL HUB MIXで行われたゲストハウスサミットに行って来ました。
ゲストハウスサミットはホステルパスで有名なリトルジャパンさんなどが主宰で去年から始まったイベントで今年は3日間で100件以上のゲストハウス関係者が集まっているそうです。さっそく中に入って人だかりと熱気にビックリ!4年振りの東京おのぼりさんの僕は熱気にほだされてクラクラしっぱなしでした。f(^ー^;

サミットは朝から夕方まで3つのブースで台南はむ屋のはむ太郎さんやLODEC(梢乃雪)の辰巳さんやなどが地方創生・地域観光・アドレスホッピング・台湾・居場所などのテーマで熱いトークを繰り広げておりました。
交流会ではコミュ力の弱い僕はみなさんの熱気に付いていけず、事務所スタッフのお茶の間ゲストハウスのようじさんと隅っこで話し込んでしまいましたが、刺激をたくさん頂いたステキなイベントでした。笑




そして、その前日、小田原駅から小田原城の横を通って徒歩15分、海が目の前にある住宅街に去年オープンした「こいこい屋」さんに宿泊しました。こいこい屋さんは梢乃雪や風見荘の元ヘルパーなおちゃんが若旦那の翔くんと営んでいる、定員3名で金土日のみ営業の小さなゲストハウス(民泊)です。
女将のなおちゃんは3年ほど前に「ほどほど」に来てくれて、物件探しをしていた頃の話も聞かせてもらっていたので、開業は自分の事のように嬉しいです。1泊素泊まり5500円と安くはないですが、大好きなお家で日々を丁寧に過ごしたい。そこに、今までご縁のあった人、これからご縁のある旅人さんを招いて一緒に心地よく過ごせたら、という女将のおもてなしの心溢れるステキな宿でした。新潟県村上市のよはくやさんと通じるものがありますね。のんびりほっこりしたい旅女子さんにオススメです~(*^ー^)ノ♪


翌朝、小田原から3駅隣のJR二宮駅前にある、カフェ旅花さんに立ち寄りました。
旅花を営んでいるゴリさん&ともこさんはひょんなご縁で「ほどほど」に毎年1回泊まりに来て下さっているステキ夫婦です。旅花のメニューは基本コーヒーのみで、ゴリさんが炭火で丁寧に焙煎した炒りたて挽きたてのコーヒーを飲む事ができます。
ともこさんは季節に1回ほど「たびするくま」というマルシェをお仲間と企画したり、太平洋不動産さんと空き家見学ツアーを開いたりしています。そして、二宮駅前商店街の地元の人の話し声があちこちから聞こえるほっこり感はたまらないです。
旅花さんは平日は18-21時、土日祝は10~18時で不定休です。みなさんもタイミングが会えば是非~(*^ー^)ノ♪


そして、ゲストハウスサミットの後はJR東京駅から2駅の馬喰町駅前にあるトレインホステル北斗星に泊まって来ました。
小学6年生から「鉄道ジャーナル」をこよなく愛するプチ鉄ちゃんの宿主こっすーは時々、無性に鉄分補給をしたくなります。トレインホステル北斗星は北海道新幹線の開業と引き換えに廃止になった寝台列車の寝台をビルに移設した鉄ちゃん御用達のホステルです。

トレインホステル北斗星は寝台に泊まれるのが売りなのはもちろん、トイレやシャワールームも沢山あり、寝室はとても静かで快適でした。
都内のホステル業界は熾烈な競争にさらされており、平日だと1泊1000円を切る所まで現れました。そんな中、コンセプトがはっきりした宿でないと、今後は生き残るのは難しくなって来るのかもしれません。今後も続けてファンを増やして行って欲しいですね~(*^ー^)ノ♪

そして、南知多に戻ります!
南知多に戻って2月下旬のある日、上海から豊君が泊まりに来てくれました(*^-^*)。
予約サイトを使ってない「ほどほど」に来てくれる外国人のお客様は非常にめずらしいので質問攻めにしたところ、「都会よりも田舎が好き」だそうで(笑)、私達が懇意にさせてもらっている宿にはほとんど泊まったことがあるという旅の達人でした。日本語ペラペラなので、日本関係の仕事をしているのかな?と思ったら、ガンダム好き+(日本の)ゲームも好き→自然に日本語を覚えた!そうです( ゚Д゚)。Wow!
以上、女将レポートでした。

そして、2月下旬のまたある日、ピストバイクという無段変速の自転車で東京から鹿児島まで旅をする若者が「ほどほど」に泊まりに来てくれました。
大学4年生のアツシくんは中学生の頃に東日本大震災の救助活動をしている消防士に憧れて、見事、消防士に就職内定。学生生活最後の春休みに1日100kmペースでおばあちゃんの住む鹿児島県の枕崎まで向かうそうです。スゴイ!無事たどり着けますように~(^0^)/

2月の22(金)~24()は「ほどほど」貸切だったため、名古屋のゲストハウスMADOさんで事務作業をしていました。MADOさんとは宿泊ゲストはもちろん、MADOマルシェに知多半島の仲間が沢山出入りしていて、オーナーの大島ご夫妻にはいつもお世話になっています。
泊まった夜に行われたライブイベントの演奏者の1人がみーやんだったり、隣のベッドで寝ていたのが志津さんだったり、ヘルパーが19歳ヒッチハイカーのふじっぺだったりと、朝から晩まで「ほどほど」ゲストさんに囲まれて、ホーム感が半端なかったです。笑
大島さんには補助金申請の相談に乗って頂き、奥さんのみほこさんには手作りスープ&パンの朝食(500円)とお野菜たっぷりランチ(1620円)を作って頂いて、本当にお世話になりました。
次回のMADOマルシェは3/16(土)にゲストハウスMADO隣で、その次は大島さんがつむきて農園さんとJR共和駅近くで新しく開業準備中の農家カフェ「3seeds」で行われる予定です。みなさんも是非、遊びに行ってみて下さいね~(*^ー^)ノ♪



2月23日()は豊田市のまちなかでゲストハウス開業準備中のkabo.にお手伝いに行って来ました。 今回はゲストハウスMADOでヘルパーをしている、ふじっぺと2人で訪れ、大工のむっちゃんに指導してもらいながら、不燃材の石膏ボードを天井に張る作業をして、あっという間の1日でした。

 
kabo.は別の場所で2017年9月から1年間限定でコミュニティレンタルスペースを運営してきましたが、物件の取り壊しのため現在の場所にお引っ越しして、ゲストハウス×コミュニティレンタルスペースとして、来春4月のOPENを目指して改装工事中です。
お邪魔した日も、豊田市役所の若手職員さんや地元の母子さんなど沢山の方がお手伝いや差し入れなど、ひっきりなしに出入りしていて、女性オーナーのかぼちゃんは豊田の人たちに愛されてるなー!という印象で、2月まで募集していたクラウドファンディングでは、なんと!400万円もの志金が集まりました。開業したら、みなさんも泊まりに入ってみてくださいね~(*^ー^)ノ♪



2月の25(月)~28(木)はお休みを頂いてベトナムを旅していました。
今回の旅のハイライトは世界遺産のハロン湾。ベトナム北部はどんよりお天気が続いていましたが、ハロン湾は水墨画のようで綺麗でしたよ。ハロン湾の周辺は田舎の観光地かと思いきや、世界的な観光なのに加えて近くに良質な炭鉱があるそうで、ホテルやカジノが建設ラッシュで思ったより都会でバブルな感じでした。

そして、今回は私たちの旅行と同じタイミングで米朝首脳会談のため、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩書記長がハノイに来ていました。
HISの観光バスの車窓からは金正恩が泊まっていたメリアホテルやプレスセンターが見えたり、ハノイで有名な水上人形劇を見てる最中、劇場の横をトランプが通ったりと、ハノイ市内は大統領と将軍様の動向に浮き足立ってましたが、ツアーバスは通行規制を巧みに避けて、私たちはストレスフリーに観光を楽しめました。


夜のフリータイムではハノイ食べ歩きを決行。牛肉入りフォー、牛串&ハノイビール、バイン・ミー(フランスパンのサンドイッチ)とベトナムB級グルメを堪能しました。
それにしても、ベトナムの貨幣ドンは1万ドンが50円くらい。なので、1万円を両替すると、なんと200万ドンになり、ちょっとお金持ちになった気分でした。笑

前半はこちらをご覧下さい。

という訳で、2月は月の半分は出歩いていて、この冬は一瞬で過ぎていきました。
これから始まる春も知多半島に遊びに来て下さいね~(^0^)/


ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

2019/03/17

知多半島「春の山車祭り」まとめ2019!

ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

2019年も
知多半島の春の山車祭りが始まりました!!!
 知多半島の春はお祭り最盛期!!!
3月16日()~5月4日(まで、毎週末ごとに知多半島の各地で春の礼祭が行われます。知多半島の礼祭は山車(だし)が彩りを添えることでも有名です。あくまで地元のお祭りですので、ルールは守って楽しくお祭りを見てくださいね。それでは、2019年の主だった礼祭情報をご覧下さい~(^0^)/

 【南知多町】

南知多町 内海の春祭り
 4月7日(
 五穀豊穣、村中安全を願い内海各地区で行なわれる春祭りです。 馬場区、北脇区、中之郷区の3地区が、三郷祭りとして、棒の手(北脇区)や蛇車(馬場区)、奴さん(中之郷区)を行います。その他にも、吹越区では山車からくり、東端では山車・みこしなど、内海中で個性豊かなお祭りを見ることができます。
南知多町内海地区一帯
参考HP 日本の曳山祭
【交通】(電車)名古屋鉄道知多新線 内海駅より徒歩で10分(車)知多半島道路経由南知多道路「南知多IC」より内海方面へ約10分

【美浜町】
美浜町 河和まつり 4月6日()-7日(
河和まつりは河和天神社で4月の第一日曜日(本祭り)に開かれます。北組中組の山車が河和区内を引き廻され河和天神社に宮入しからくり人形の奉納・区民による奉納演芸があります。
美浜町 河和天神社 名鉄河和駅徒歩5分 GoogleMap
参考HP 河和山車保存会

【武豊町】
   
 武豊町 長尾地区祭礼
 4月13日()-14日(
 長尾地区は、馬場区・市場区・下門区・上ケ区・小迎区・玉貫区の6つの地区から成り、氏神を祀る武雄神社には6台の山車が一堂に会します。神社では、健康祈願・五穀豊穣を願い、からくりや三番叟が奉納されます。前夜祭には全ての山車の提灯に灯りがともされ、JR武豊駅前に並びます。富貴地区の祭礼とともに、武豊の春の風物詩となっています。 
武雄神社、JR武豊駅前

【半田市】
2019年 半田の春まつり日程(速報)

 半田の祭り、山車には2つの大きな特徴がある。一つは半田の祭りが、一部大店の旦那衆や町衆の物ではなく、庶民皆の力が合わさって運営されている点である。山車組や町内のもの皆で楽しむ庶民の祭りとして発展してきた歴史があります。もう一つは幕末の頃からそれまでの山車の形態から素木彫刻が施された彫刻山車へと変化してきたことである。山車に所狭しと施された彫刻の質と量は日本一であると自負しています。

 亀崎潮干祭
5月3日()-4日(
知多半島・春の山車祭りのラストを彩るのは半田市亀崎町の潮干祭り!
2016年にユネスコ無形文化遺産登録に登録されました。
潮干祭りとそれを誇りにしている亀崎の町の人たちを是非見に来下さい~(^0^)

 
【常滑市】
3月30日()-5月4日(


その他の市町の例祭の日程は中日新聞の記事を参考にして下さいね。

知多半島の春は山車祭り一色に染まります。
お祭りはあくまで地元住民のみなさんが主体のお祭りです。マナーを守って楽しく見てくださいね。春の知多半島にみなさん遊びに来てくださいね~(^0^)/


感謝!コスギマサユキ

2019/03/06

ほどほど通信2019 2月を振り返っちゃう号(前半)

ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

「ほどほど」の2019年2月(前半)を振り返ってみましょう~(^0^)/

 2月3日()は今年最初のピザランチ会を行いました。
週間天気予報が雨から2、3日前に晴れに変わり、午前中はほぼ快晴。今回、火起こし隊長のゴッド神谷さんがお休みのため、実は火遊び大好き(笑)な宿主こっすーが久しぶりに朝から火の番をしていました。(^-^)

ピザランチの会には前泊のゲストさん全員+地元の日帰りの方=合計8名
の多過ぎず少な過ぎずよい感じで、のんびりピザを焼いて、八等分でシェアして楽しみました。ピザ生地の水加減や具財トッピングによって毎回出来が変わってきますが、みなさんトッピングのセンスも良く、ナイスな出来のピザが多かったと思います。
次回は3月10日(に行う予定です(雨天は中止)ので、みなさん遊びに来てくださいね~(^0^)/


そして、ピザランチでお腹いっぱいになった後、近所の須男神社にみんなで豆まき散歩に出かけて参りました。この神社のすごいところは、毎年「豆」以上に「おひねり(紙でくるんだ硬貨)」がじゃんじゃん飛んでくるところ!さらに、少数ですが豊浜名産「いわしの丸干し」までパックごと宙を舞います。
既に、歳の数だけ豆を食べると胸焼けするお年頃ですが(^^;)、季節の行事にお客さんと参加し、ほっこりした気分になりました。春は目の前ですね。以上、女将レポートでした。


2月7日(木)は名古屋の「喫茶、食堂、民宿。なごのや」さんのcafeスペースで行われた「太陽の恵みを感じる移住談義〜南知多に移住した、家族の話、はたらく話〜」にゲスト講師として出演させていただきました。
 大ナゴヤ大学・学長のヤマタクさんによる司会進行のもと、僕と「とるたべる」のなおきくん、永和堂の斉藤さんの3人で南知多の人の魅力、住んでみてのぶっちゃけトークを楽しく繰り広げました。
ほどほどゲストさんもちらほらご参加頂いたホーム感たっぷりの中、リラックスしてお話させて頂きましたが、改めて南知多は名古屋の人にとって、馴染みのある身近な観光地なんだなあと感じました。


2月9日()は「ほどほどご飯会×うみたこさん二胡ライブ」を行いました。日本一の星空の村で有名な長野県阿智村にある昼神温泉の能舞台で二胡を演奏されている「うみたこ」さん。ひょんなご縁で、ほどほどで二胡ライブをしていただきました。
楽器の街・浜松で生まれ、ギターを手始めにさまざまな楽器に興味を持ったうみたこさんは、西アジアのDNAが感じられる二胡の音色にほれ込んで独学で二胡を演奏し始め、二胡のプロ奏者ジャー・パンファンさんに「そのまま続けてください」と技術にお墨付きをいただいたそうです。昨日は「花」や「ふるさと」から冬のソナタのテーマ曲、auのCMに使われた「海の声」など豊富なレパートリーで私たちを楽しませてくださいました。


2月10日()は1年半振りの「温々の女将さんと熱燗を愉しむ芋煮&美酒鍋の会」を参加者のみなさんと楽しみました。
大阪市大正区の「日本酒と泡盛を呑める店・温々」の女将・あゆみんさんにお越しいただいて、美酒鍋(びしょなべ)と山形、岩手、内陸の3種の芋煮を作っていただき、日本酒は灘の白鹿・喜十郎と姫路の奥播磨(山廃・純米)を冷や・ぬる燗・熱燗の3種の温度で味わい、普段はお酒を飲まない僕もほろ酔い気分を楽しませていただきました。
次回はGWの5月5日()に大阪で流行っている(らしい)スリランカカレーをあゆみんさんに作ってもらう会を企画しています。よろしければぜひ~(^0^)/


2月11日()は福島からヨシくんが泊まりに来てくれました。南知多のお隣、美浜町で自然農の研修をしていたヨシくんは故郷・福島で覚えた山菜の知識がハンパなく、ほどほどで「山菜男子と山菜を採って料理する」イベントでお世話になりました。
そして去年の1月、「福島から出て行く人ばかりなので、自分は福島に帰ってガンバりたい」と故郷に帰り、実家で農家の跡を継ぐ決意をして帰って行きました。
今回は名古屋で秘密の用事があり、2泊3日で雪が降る福島から車で愛知にやって来ました。いい機会なので、知多半島の仲間に声をかけたら賑やかな夜になりましたよ。


2月13日(水)は台湾の台南市にあるゲストハウスはむ屋のハム太郎さん(右の茶髪のお兄さん)が泊まりに来てくれました。
去年、ハム屋さんに2ヶ月滞在(沈没)してステキな彼女と結ばれた山ちゃん(手前の角刈りのお兄さん)がはむ屋さんが日本に帰国のタイミングにお友達に声をかけてくれて、2月の平日に南知多で大集合となりました。
チェックインと同時に宴会が始まるはむ太郎さんのパワーに圧倒されました。若い頃はヤンチャだったみたいで、2012年以前の経歴は不明なんだそうです。笑


という訳で、あっという間の2019年2月前半でした。続きは後半をご覧下さい!

そして、これから始まる春も知多半島に遊びに来て下さいね~(^0^)/


ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

2019/03/05

青春18きっぷで「ほどほど」に行こう!2019春シーズン編

ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

南知多町の羽豆岬展望台からの伊勢湾と朝日の様子
青春18きっぷ春シーズンがやって来ました!
普通列車を1日乗り放題で2370円×5日分がセットのお馴染みのきっぷです。

2019年 【春季】シーズン
発売期間:2月20日(水)-3月31日() 
利用期間:3月1日(金)-4月10日(水)
価格:2370円×5日分=11,850円

【2019夏季】発売期間 7/1~8/31 利用期間 7/20~9/10
18きっぷ初心者の方はコチラを参考にして下さい。

「ゲストハウスほどほど」がある南知多町にはJR⇒名鉄⇒海っ子バスと乗り継ぎが必要なため、青春18きっぷではちょっとハードルが高いように感じますが、

青春18きっぷ+600円(約60分)
 と比較的簡単に南知多に行くことが出来ます。その方法をお教えします!

知多半島の中間地点にJR武豊駅があります。
東海道線の大府駅から武豊線に乗り換えた終点駅です。
最寄り駅から武豊駅までのアクセスはyahoo!路線図で調べてくださいネ。

武豊線には途中、
日本最古の現役駅舎 
と言われている亀崎駅や、

日本最古の現役跨線橋
がある半田駅を通って終点まで行きます。

武豊線はそもそも、東海道線を建設するための資材を知多半島の武豊港から運ぶために建設された路線ですので、東海道線が出来る以前の1886年(明治19年)に開業した、日本でも屈指の歴史ある路線です。全線で19.3kmと短い路線ですが、鉄ちゃんには見所がたくさんあるんですヨ。(プチ鉄ちゃんの宿主コラム)


JR武豊駅に到着~♪


JR武豊駅から名鉄・知多武豊駅までは徒歩10~15分で乗換えできます。 しかも、この徒歩(街歩き)が楽しい!写真を交えてご説明します。(*^-^*)
 
 駅から正面を道なりにまっすぐ歩きます。
途中で道なりに右に曲がります。

すると、道の両脇に「みゆき通り商店街」が現れます。
更に道なりにまっすぐ歩きます。
昭和な雰囲気が漂うステキな商店街ですので楽しんでくださいね。

道の左手にぎゃらりぃ夢の蔵さんが現れます。
武豊町の作られた豆味噌やもろみ醤油などが展示・紹介されています。
手作りパンやちょっとしたカフェも付いています。

そして更に道なりにまっすぐ歩きます。
すると現れる名鉄の踏み切りを左に曲がります。

名鉄・知多武豊駅に到着!!
この間わずか10~15分です。

※更に寄り道できる方には、JR武豊駅から徒歩10分で2016年にオープンした道の駅的施設「まちの駅 味の蔵たけとよ」や明治時代の史跡を復元した鉄道の「転車台」、そして知多半島では有名なコーヒー処「煎売喫茶 治郎兵衛」さんや見ることが出来ます。
詳しいルートや内容はこちらのブログを見て下さいね!


名鉄・知多武豊駅から南知多ゲストハウスほどほどまでは、
 【河和駅経由(名鉄毎時3本、海っ子バス毎時1本)
知多武豊駅→(名鉄)→河和駅→(海っ子バス)→高浜バス停
名鉄300円(所要10分)+バス300円(所要26~31分)=600円


【内海駅経由(名鉄毎時3本、海っ子バス毎時1本)
知多武豊駅→(名鉄)→内海駅→(海っ子バス)→高浜バス停
名鉄520円(所要19分)+バス160円(所要20~25分)=680円

と乗換えを含む所要時間約40~60分
運賃合計600~680円で「ほどほど」まで到着です!

※宿主製作の名鉄&海っ子バス乗り換え時刻表 
ダウンロードしてください。便利です。


※内海駅経由ですとバスが海岸線沿いを走るので車窓がオススメです。ただ、内海駅は駅前のお店は少ないです。
※河和駅経由の場合、河和駅の駅ビルにスーパー・パレマルシェや書店があり、特急以外の列車に乗った場合の乗換え時間を有効に使えます。
※お急ぎの場合はJR武豊線ではなく河和or内海駅から名鉄河和線で金山駅・名古屋駅まで行き、JRに乗り換えることをオススメします。 大阪・伊勢方面は武豊駅経由より1時間程度目的地に早く着く事ができます。

という訳で、JR武豊駅から約60分で南知多に到着です。
南知多まで青春18きっぷでふらっと遊びに来ませんか?


ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

2019/02/19

2019年5月のご予約状況です!

ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

 2018年の5月が始まります!
平成から新元号に変わる5月1日。
南知多ゲストハウスほどほどはお陰さまで開業6周年を迎えます。
この日の夜は「ほどほど6周年ありがとう!ご飯会!」を行いますヨ~!

5月はツーリングやサイクリングにも最適な時期ですね。
週末や祝日には「ほどほど」前の国道247号線は名古屋や周辺エリアからのツーリングバイクやサイクリングチームが引っ切り無しに走り過ぎて行きます。2019年5月も知多半島に遊びに来て下さいね~(^0^)


【5月のご予約状況】
※ご予約状況は随時更新していますが、実際の状況と若干ずれる場合があります。

※貸切をご希望の方はE-mail(gh_hodohodo@yahoo.co.jp)で空き状況をお問合せ下さい。


5月1日 (水祝)残り6名
⇒19-22時頃まで、ほどほど6周年ありがとう!ご飯会を行います。
5月2日(木祝満員
5月3日(金祝)残り6名
5月4日(土祝満員
5月5日(満員
 ⇒19-22時頃まで、温々の女将さんとスリランカ風フィッシュカリーの会を行います。
5月6日(月祝)余裕があります
5月7日(火)余裕があります
5月8日(水)余裕があります
5月9日(木)余裕があります
5月10日(金)余裕があります
5月11日()余裕があります
5月12日(休館
⇒11-14時頃までピザランチの会を行います。5/11()に前泊してのご参加がオススメです!
5月13日(月)余裕があります
5月14日(火)余裕があります
5月15日(水)余裕があります
5月16日(木)余裕があります
5月17日(金)余裕があります
5月18日()余裕があります
5月19日()余裕があります
5月20日(月)休館
5月21日(火)休館
5月22日(水)休館
5月23日(木)休館
5月24日(金)休館
5月25日()余裕があります
5月26日()余裕があります
5月27日(月)余裕があります
5月28日(火)余裕があります
5月29日(水)余裕があります
5月30日(木)余裕があります
5月31日(金)余裕があります


ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。